漢方・鍼灸 中医学勉強会/横浜/大和

 

TOP
 
塾長のあいさつ
 
クラス紹介
 
中医の広場
 
◆会員専用◆
臨床日誌
 
学生向け小話
 

鍼灸適応疾患

 
関連治療院・施設
 
入会案内
 
お問い合せ




塾生の論文・書籍
 

書籍紹介

 

■ 講習会情報 ■
■ 求人情報 ■
■ 道具情報 ■
■ 物件情報 ■


関連治療院・施設
さくら堂治療院
治療室 やわらぎ
秋英堂治療院
桑楡堂薬局
青虎鍼灸療院
大石京子
東洋治療院
おうみ鍼灸院
整骨院
たちかわ治療院
honey B
あんのん指圧鍼灸
すみれ堂治療院
はり・きゅう・マッサージ 
みらい堂
英気治療院
漢方専門 
なりた安心堂薬局
レイキ推拿セラピー 〜いぶき〜
論文・書籍出版社
中医臨床
医道の日本
鍼灸OSAKA
漢方の臨床
 
論文・書籍紹介

三旗塾の塾長、塾生の論文が掲載された書籍の案内です。
  2006年以降のものを随時追加していきます。

中医臨床

年度 Vol-No 著 者 題  名 ページ
2017
(3月)


Vol38. No.1
通巻148号


金子朝彦 
高士将典ら
「穴性論を振り返って(後編)」 p150-155
高士将典 「鍼灸配穴法講座 第7回 痰飲の配穴とその運用」 p156-160
内山実 「仮免鍼灸臨床からの脱皮 その29 
追いかけ治療の落とし穴〜更年期障害から腎精の衰退速度を考える〜」
p156-160
2016 Vol37. No.4
通巻147号
金子朝彦 
高士将典ら
「穴性論を振り返って(前編)」 p140-146
高士将典 「鍼灸配穴法講座 第6回 津液不足・陰虚の配穴とその運用」 p134-139
北上貴史 「仮免鍼灸臨床からの脱皮 その28 脾気虚と胃気虚」 p146-151
Vol37. No.3
通巻146号
金子朝彦 
高士将典ら
「穴性論 いま穴性を問う 〜日本の臨床に適合した穴性構築に向けて〜 第19穴 風池」 p150-154
高士将典 「鍼灸配穴法講座 第5回 血?証の配穴とその運用」 p155-159
大石知絵子 「仮免鍼灸臨床からの脱皮 その27 奇経の応用―正経だけではもの足りない」 p155-159
Vol37. No.2
通巻145号
金子朝彦 
高士将典ら
「穴性論 いま穴性を問う 〜日本の臨床に適合した穴性構築に向けて〜 第18穴 委中」 p130-135
高士将典 「鍼灸配穴法講座 第4回 血虚証の配穴とその運用」 p136-141
三旗塾臓腑経絡研究委員会 「仮免鍼灸臨床からの脱皮 その26 肝脾不和は下痢だけか」 p142-149
Vol.37-No.1
通巻144号
金子朝彦・高士将典・李昇?ら 「穴性論 いま穴性を問う 〜日本の臨床に適合した穴性構築に向けて〜 第17穴 大椎」 p134-139
高士将典 「鍼灸配穴法講座 第3回 気滞証の配穴とその運用」 p140-144
近江國広 「仮免鍼灸臨床からの脱皮 その25 内腑に分布する衛気を考察する」 p146-149

著 者 年度 Vol-No 題  名 ページ
金子朝彦 2015 142号 いま穴性を問う~太淵~
141号 今穴性を問う 〜後溪〜
140号 今穴性を問う 〜神門隆〜
139号 今穴性を問う 〜豊隆〜
2014 138号 今、穴性を問う 関元
137号 今、穴性を問う 外関
136号 今、穴性を問う 陽陵泉
2013 135号 いま、穴性を問う・湧泉
134号 いま、穴性を問う・膈兪
133号 いま、穴性を問う・百会
132号 座談会 穴性をどう捉えるか

2012

131号 いま、穴性を問う・公孫
130号 いま、穴性を問う・内関
129号 いま、穴性を問う
128号 いま穴性を問う・合谷
127号 いま、穴性を問う
2011 126号 隣接補瀉論
124号 月経期を捉える
2009 30-1 さらに痺証の治療で効率を上げるには
30-2 上手く弁証に導くコツ
2008 29-4 痺証の治療でより効果を上げるこつは? P156
2007 28-1 臨床からみるストレスと鍼灸 P.27〜30
大石京子 2007 28-1 湯液と食事療法の共通点や相違点 P.139〜140
28-2 活血や化痰の食事療法の工夫 P.138〜139
2006 27-4 患者さんに薬膳(食養)を続けてもらうには P140
益田尚 2008 29-2 めまいの針灸臨床 P140
2007 28-4 痰と湿の違い P.143〜144
28-3 暑邪について P.129〜130
金本貴行 2015 142号 血虚による形態異常は現状を反映しないこともある
2014 137号 気虚証だから補気する・・・だけですか?
2013 133号 肝の病証確定に弦脈は必須か?−現実との乖離をどう埋めるか―
2012 128号 特効穴をいかに効かせるか
2011 125号 教科書的脾虚症状に騙されるな
2010 123号 眼科領域に特化した鍼灸専門治療院
31-2 「盗汗=陰虚」を検証する 「盗汗=陰虚」の短絡思考からの離脱ー寝汗が冷や汗に変わる前にー P140
2008 29-2 聞診の応用 P146
29-3 中医学用語に親しむ工夫 P153
高士将典 2015 142号 配穴とはなんだろう
142号 いま穴性を問う~太淵~
141号 今穴性を問う 〜後溪〜
140号 今穴性を問う 〜神門隆〜
139号 今穴性を問う 〜豊隆〜
2014 138号 今、穴性を問う 関元
137号 今、穴性を問う 外関
136号 今、穴性を問う 陽陵泉
2013 135号 いま、穴性を問う・湧泉
134号 いま、穴性を問う・膈兪
133号 いま、穴性を問う・百会
132号 いま、穴性を問う 三陰交
2012 131号 いま、穴性を問う・公孫
130号 いま、穴性を問う
129号 いま、穴性を問う
128号 いま穴性を問う・合谷
127号 いま、穴性を問う
2011 125号 震災後より肩こりと不安感がし出現した症例
2010 31-1 内科的疾患の治療を求めて P117
藤本圭介 2010 31-1 喜按虚証、拒按実証と気の関係 P134
島津秀紀 2009 30-4 中風の向き合い方 P156
青山和正 2010 31-3 P151
塚田こずえ 2012 129号 安産は三陰交の灸のみで可能か
2011 126号 逆子に治療における弁証の優位性について
2010 123号 「上古天真論」からみる初潮と閉経の推移
近江國広 2015 139号 気温差と病位の移行性
2014 136号 舌下静を考える
2013 132号 教科書の使い方 斜め読みライブラリー
2012 127号 痺証におけるひとつの視点
2011 124号 B級問診に潜む2つの罠
竹市守克 2012 129号 肝気鬱と衛気虚
駒居千賀子 2012 130号 証の動きを捉える
内山実 2013 135号 終末期における腎精不足
2012 131号 喜則気緩とは?
北上貴史 2015 141号 イコール暗記の落とし穴〜『梅核気=半夏厚湯≒痰気鬱結』〜
140号 イコール暗記の落とし穴〜『咳=肺』は臨床で使えるか
2014 138号 血?と夜間痛
2013 134号 脾気虚のバリエーション

漢方研究会Trivium

著 者 年度 Vol-No 題  名 ページ
金子朝彦 2010 137号 臓腑から眺めた月経の鍼灸弁証論治  
2009 132号 難攻不落ののアトピー性皮膚炎  
2008 129号 陰虚の判定とその配穴 P6〜10
2007 122号 肩こりとは−肩こりは都会人の証− P25〜29
2006 119号 冷え症の配穴 P26〜28
高士将典 2009 131号 鬱証の臨床医案−起きられないという症状−  
2008 127号 陽虚の鍼灸弁証論治  
2007 123号 頭痛の鍼灸弁証治療 p1
125号 医案・割れていた膝蓋痛による弊害 p1
2006 120号 痺証弁証論治ノート鍼灸編  
118号 風証の配穴  
竹市守克 2010 136号 医案・くしゃみによる腰痛 P20
藤本圭介 2010 136号 PPS(ポストポリオ症候群)患者の腰痛の再考 P24

医道の日本

著 者 年度 Vol-No 題  名 ページ
金子朝彦 2015   2015年 新年のことば  
2014 73-8 今ならこうする 後悔多い症例集  
2014年 新年のことば  
2013 2013年 新年のことば
2012 2012年 新年のことば
2011 2011年 新年のことば
2010 70-1 2010年 新年のことば
2009 69-12 腎精不足から腎虚へ
68-1 2009年 新年のことば
2008 67-11 肩こり「環椎がない」 P42〜45
67-6  弁証論治による針灸治療の実際52
妊娠一筋10年
P.92
67-1 2008年新年のことば P.138〜139
2007 66-11  弁証論治による針灸治療の実際57
覇道的鬱病治療
P.55〜56
66-5  弁証論治による針灸治療の実際52
悪魔のように細心に天使のように大胆に
P114〜119
66-1 2007年新年のことば P.55
2006 65-5 鮮度良好 P.81〜84
高士将典 2015 2015年 新年のことば
2014 2014年 新年のことば
2013 中医学による便秘の鍼灸治療
2012 2012年 新年のことば
2011 2011年 新年のことば
2010 70-1 2010新年のことば
2009 68-1 2009年 新年のことば 1p1
2008 67-9 大腿骨頚部骨折の手術後に生じた腰下肢痛 P51〜54
67-4 弁証論治による鍼灸治療の実際61
腎の性格弁証
p1P.99〜102 p
2007 66-10  弁証論治による針灸治療の実際56
心の性格弁証
P.98〜101
66-9 緩和ケアにおける針灸治療の役割と可能性 P.11〜21
66-4  弁証論治による針灸治療の実際51
肝の弁証論治
P.83〜86
66−1 2007新年のことば P.154〜157
2006 65-13 第22回私の師匠
65−1 2006新年のことば
内山実 2015 2015年新年の言葉

鍼灸OSAKA

著 者 年度 Vol-No 題  名 ページ
金子朝彦 2012 105号 とある鍼灸師の指針行動
2010 99号 どうして弁証できないの?
2007 88号 止咳の仲間達−概念の運用と感性の言語化− P.39〜42
高士将典 2010 99号 女性の気持ちとともにー不妊治療から妊娠中の諸症状まで治療できた例
2006 82号 眩暈の鍼灸弁証論治 p1

 医道MOOKシリーズ001 圧痛点と鍼灸臨床

著 者 年度 Vol-No 題  名 ページ
金子朝彦 2008 1114−2 気滞痛の反応と相応する手技 P.82〜84

漢方の臨床

著 者 年度 Vol-No 題  名 ページ
高士将典 2008 55巻7号 東海鍼灸医案(1) 腰下肢の痛みとしびれ P.1028-1032
55巻8号 東海鍼灸医案(2) 頚部痛 P.1204-1208
55巻0号 東海鍼灸医案(3)肩凝り症 P.1515-1518

 ※三旗塾では論文の掲載された書籍の販売はしておりません。ご了承ください。



書 籍

著 者 年度 題  名 出版社
金子朝彦 2014 問診のすすめー中医診断力を高める 東洋学術出版社
2010 『中医鍼灸、そこが知りたい』 東洋学術出版社
2009 『肝機能を高める知恵とコツ』 主婦の友社ー(共著)
2008 『よくわかる肝臓病』 主婦の友社ー(共著)


 
Copyright(C)2008 Sankijuku All Rights Reserved    2008.4.1
漢方・中医学勉強会・講習会・中医学習・東洋医学・中国・伝統医学・中医書・翻訳/針灸・鍼灸・はり・きゅう /地域:神奈川・横浜・大和